かける

泣けて、泣けて、元気になる小説賞

選考結果発表

該当作なし。

編集者・島田

『泣けて、泣けて、元気になる小説賞』

「泣けて(ず)、泣けて(ず)、
   延期になります。」

「泣けて(ず)、泣けて(ず)、
  延期になります。」

 応募作のほとんどが、作中の主人公が『泣いて、泣いて、元気に』なっていました。それでは読者の心を打ち、涙を流してもらうことはできません。むしろ、『泣かないで、泣かないで、死んじゃった』方が、涙を誘います。読者が共感する作中の人物が泣いてしまっては、ただの受け身で当たり前の人間になります。普通の人間が泣く所を、歯を食いしばってあきらめない。涙を堪えて何かを見つけ出すから、読者の心に残る物語になります。たとえ、不幸の結末でも、元気になる物語になります。『上を向いて歩こう』という歌の歌詞には、泣ける物語のエッセンスが詰め込まれています。『上を向いて』とは、希望の灯から目を逸らさない事。『歩こう』とは、能動的に生きる事。『涙がこぼれないように』とは、悲運に流されない事。今回は『下を向いて立ち止まって泣いている』物語が多かったです。確かに、その人々は悲しいのですが、読者としては、泣ける話として感じることができません。

ということで、もう一度再募集します。

「主人公が泣かず、泣かず、生き抜いて、」

「読者が泣けて、泣けて、元気になる小説賞」

※再募集については、3月31日(金)更新のWebマガジンCobaltで募集告知を行います。

【泣けるまで、もう一歩の作品】

『千の夏に逢いにゆく』 広瀬銀之助 / 『今日はだれかの命日で、そしてたんじょうび』 川島怜子 / 『AIと演劇の女王』 秋雨あきら / 『あまやどり』 村田真奈美

関連サイト

e!集英社
コバルト編集部ブログ
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)