よめる

08月17日更新

吸血鬼に鐘は鳴る

  • 赤川次郎
  • イラスト:ひだかなみ

人気女優がその名を捨て、神に仕える修道女になった理由は?

「正当派吸血鬼」の父・クロロックの海外出張についてドイツにやってきたエリカ。年下の義母・涼子に、クロロックのお目付役をするよう言い含められたのだ。二人は、取引先の工房で、美しい日本人の修道女アンヌ・マリーと出逢う。日本語がほとんど通じないドイツの田舎町に、なぜ日本人の修道女が? しかも、彼女は数年前にある騒動を受けて姿を消した元有名女優で…!? 大人気ミステリーの最新作!

更新履歴

  1. 最新版2018年08月17日更新

赤川次郎(あかがわじろう)

1976年、『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞受賞。コバルト文庫『吸血鬼はお年ごろ』シリーズほか、著書多数。2016年、吉川英治文学賞を受賞。

関連サイト

e!集英社
コバルト編集部ブログ
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)