よめる

WEBコバルト限定小説から特集企画まで

01月31日更新

乙女椿と横濱オペラ―リボンの花幽霊―

  • 水守糸子

「リボンをつけた亡霊」とは、女学生たちの作り話か、それとも--。

時は大正元年。横濱の女学校に通う紅は、いつか「まことの恋」をするのだと夢見つつ、家族同然の存在である三文絵師・草介の長屋を賑やかす日々。そんなある日、紅は「不思議なものが見える」草介にある相談をもちかける。紅が通う花苑女学校で起こった、亡霊騒動。紅はその「亡霊」が落としたリボンを拾ったというのだ。話を信じようとしない草介に、紅は「わたしもこの目で見た」とくいさがり--!?
【シリーズ第1作はこちら】水守糸子『乙女椿と横濱オペラ』

更新履歴

  1. 最新版2020年01月31日更新

水守糸子(みずもりいとこ)

東京都出身。定食屋さんの「いつもの」メニューは、豚肉生姜焼き丼温玉のせ。近頃はオーダー前から作ってくれる。『さよなら、Mr.ナイトメア』で、2018年ノベル大賞佳作受賞。

関連サイト

e!集英社
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)