よめる

NEW11月17日更新

バード

きみとわたしと

  • 榎木洋子

孤独な少女の元に舞い降りた、溢れるほどの「愛」の化身--

22世紀、社会には死に至る奇病「眠り病」が蔓延していた。唯一の特効薬を用いると、患者の体から魂が抜けだし「バード」となる。純粋無垢な子どもの姿をもつ「バード」は、管理公社に認められたホストファミリーと一緒に暮らすのがルールだ。特効薬の発明者を両親にもつ少女・東条真昼は、両親から引き継いだ莫大な遺産と、果てしない孤独を抱えるなか、自分のための「バード」を得ようと思い立って……。

更新履歴

  1. 第1回2017年11月02日更新
  2. 第2回2017年11月10日更新
  3. 第3回2017年11月17日更新

榎木洋子(えのきようこ)

10月3日生まれ。天秤座、都立光が丘高校卒業。『特別の夏休み』で1990年下期コバルト読者大賞を受賞。コバルト文庫に『リダーロイス』シリーズ、『龍と魔法使い』シリーズ、『影の王国』シリーズ、『緑のアルダ』シリーズ、『乙女は龍を導く!』シリーズなど、ファンタジーを中心に著書多数。

関連サイト

e!集英社
コバルト編集部ブログ
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)