桑原水菜『荒野は群青に染まりて 暁闇編』発売記念特集

昭和二十年。終戦直後の混乱の中、
大陸から見知らぬ祖国に引き揚げてきた少年・群青は
「母を死なせたかもしれない男」と焼け野原の東京で生き抜くことになります。
きれいごとも通じない混沌とした街で、誰もが苛酷な朝を迎えていた時代に、群青たちが見つけた道とは――
彼らが見た夜明けの景色をぜひいっしょにご覧ください。

桑原水菜

あらすじ

戦時中、朝鮮半島に育った阪上群青。日本は太平洋戦争に敗れ、群青は母とともに引揚船に乗る。
だが、船中で母とはぐれた群青は、直後に何かが海に落下する音を聞いた。
その場に居合わせたのは、赤城壮一郎という男。
さらに謎の男が現れ、「赤城が君の母親を突き落とした」と告げられる。
母の失踪に赤城が関係しているのか。
疑惑がぬぐえないまま、行く当てのない群青は、赤城と共に焼野原を生きることに。
戦後の混乱期、上野の闇市で商売をするうちに、人々が衣食の次に必要なのは「清潔」だと気づき、
二人は仲間たちと石鹸会社を立ち上げた。ともに困難に立ち向かう日々の中、
群青にとって赤城がかけがえのない存在となっていく。
だがそんな時、引揚船の男が再び現れ、衝撃の事実を群青に伝えた。
果たして二人の行きつく未来は……。

人物紹介

阪上群青(さかがみぐんじょう)

戦時中、朝鮮半島に生まれ育った少年。引揚船の中で母を失うが、謎の男・赤城壮一郎に拾われ、焦土と化した東京で生きることに。

阪上群青(さかがみぐんじょう)
阪上群青(さかがみぐんじょう)
赤城壮一郎(あかぎそういちろう)

群青と同じ引揚船に乗っていた男。母を失った群青の保護者となる。紆余曲折の末、東京で石鹸の製造販売会社を立ち上げる。

近江勇吉(おうみゆうきち)

群青と赤城が東京で出会った男。商才があり、焼け野原に立つ闇市での商売をいち早く企てる。

近江佳世子(おうみかよこ)

勇吉の妹。幼いながらもしっかり者で、身寄りを失った群青に新しい「家族」として接する。

リョウ

浮浪児グループ「アメンボ団」のリーダー。戦災孤児という立場ながら、仲間の少年たちを守る気概の持ち主。群青とはやがて協力関係に。

アゴ

上野の闇市を仕切る朝鮮人一派のメンバー。勇吉の商売の繁盛ぶりに目をつけ、彼を拉致する。

勅使河原(てしがわら)

群青が闇市で出会った復員兵の男。石鹸作りの腕利き職人で、群青に「石鹸の師匠」として迎えられる。

東海林(しょうじ)

勇吉の知人で、元陸軍の研究員。赤城たちの石鹸会社の一員となり、商品の改良を担当する。

蔵地善之助(くらちぜんのすけ)

国内有数の石鹸会社・桜桃石鹸の社長であり、勅使河原のかつての雇い主。勅使河原を連れ戻そうと赤城たちのもとにに乗り込んでくる。

人物紹介

阪上群青(さかがみぐんじょう)

戦時中、朝鮮半島に生まれ育った少年。引揚船の中で母を失うが、謎の男・赤城壮一郎に拾われ、焦土と化した東京で生きることに。

阪上群青(さかがみぐんじょう)
阪上群青(さかがみぐんじょう)
赤城壮一郎(あかぎそういちろう)

群青と同じ引揚船に乗っていた男。母を失った群青の保護者となる。紆余曲折の末、東京で石鹸の製造販売会社を立ち上げる。

近江勇吉(おうみゆうきち)

群青と赤城が東京で出会った男。商才があり、焼け野原に立つ闇市での商売をいち早く企てる。

リョウ

浮浪児グループ「アメンボ団」のリーダー。戦災孤児という立場ながら、仲間の少年たちを守る気概の持ち主。群青とはやがて協力関係に。

近江佳世子(おうみかよこ)

勇吉の妹。幼いながらもしっかり者で、身寄りを失った群青に新しい「家族」として接する。

勅使河原(てしがわら)

群青が闇市で出会った復員兵の男。石鹸作りの腕利き職人で、群青に「石鹸の師匠」として迎えられる。

アゴ

上野の闇市を仕切る朝鮮人一派のメンバー。勇吉の商売の繁盛ぶりに目をつけ、彼を拉致する。

蔵地善之助(くらちぜんのすけ)

国内有数の石鹸会社・桜桃石鹸の社長であり、勅使河原のかつての雇い主。勅使河原を連れ戻そうと赤城たちのもとにに乗り込んでくる。

東海林(しょうじ)

勇吉の知人で、元陸軍の研究員。赤城たちの石鹸会社の一員となり、商品の改良を担当する。

荒野は群青に染まりて暁闇編
桑原水菜

集英社 定価1,870円(税込)好評発売中

完結巻 今夏発売予定!桑原水菜 『荒野は群青に染まりて 相剋編』 完結巻 今夏発売予定!桑原水菜 『荒野は群青に染まりて 相剋編』