よめる

WEBコバルト限定小説から特集企画まで

08月20日更新

青虫地獄

  • 東堂燦
  • イラスト:白谷ゆう

青年の恋は、瞑(くら)く、哀しい……もうひとつの、真夏の和風ホラー・ファンタジー!

はるか昔、国生みの時に産まれた神々を始祖とし、未だ所有している一族を、この国では神在と呼ぶ。「虫籠」と呼ばれる閉ざされた庭に未来視の神を擁し、神と共に未来を視る占者の一族・八塚。一族の誰よりも卓越した未来視の能力を持ち、次期当主として嘱望される男・螟は、未来視の力を持たぬ一族の少女・紫織子を愛していた。「死ぬときは一緒」と誓い合う、幸せな恋人たち。だが、そこにはふたりを見つめる「もうひとりの螟」の姿があって--?

更新履歴

  1. 最新版2021年08月20日更新

東堂燦(とうどうさん)

1月21日生まれ。新潟県出身、在住。『薔薇に雨』で、2013年ノベル大賞佳作受賞。代表作にコバルト文庫『薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋』『魔女の赤い太陽 樹海の娘と月狩りの騎士』『湖城の魔王と異界の少女 睡蓮の花嫁』がある。

関連サイト

コミック りぼマガ
サンデーうぇぶり
炎の蜃気楼 Blu-ray Disc Box 05.27 On Sale
e!集英社
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)
サンデーGX