かける

小説を書いて応募したい方・入選した作品を読みたい方はこちら

最終選考作品

もう一歩の作品

『赤い蔦』切洲厚士(北海道)/『ランナーコーチ』桜恵おかゆ(北海道)/『与命の月』光見先風(北海道)/『みどりの手』雪間灯(秋田県)/『ひとりぼっちで生きて、死ぬまで』雨居日々(埼玉県)/『夢中』糸杉木五倍子(埼玉県)/『ゾーイの小さな美術館』相沢泉見(千葉県)/『人工衛星彼氏』浅茅蛙(千葉県)/『メビウスのタイムリープ』亜月(千葉県)/『チェンジオフ』石井龍生(千葉県)/『君の味方であり続けること』樹一和宏(千葉県)/『星に願いを、また会えますようにと』樹一和宏(千葉県)/『最期の散歩』小葉(千葉県)/『わたしの好きな人』高岡未来(千葉県)/『猫と宇宙へ』猫山宇宙(千葉県)/『一分間だけの感情交錯』藍染三月(東京都)/『五円玉の穴』秋和美波(東京都)/『菜々美のマグカップ』加代由佳(東京都)/『我輩はニャーである』神原月人(東京都)/『帳尻合わせ』北森申彦(東京都)/『little wizard with sunset』琴音琴乃(東京都)/『雨の日には欲が。』妹尾名々子(東京都)/『さよなら旧人類』太一京(東京都)/『居留守』立花秋穂(東京都)/『理科室のお岩さん』千衣麻衣(東京都)/『雪の日の家族』ノライノウエ(東京都)/『ふたりぼっち』藤村知郷(東京都)/『扉』保塚田海(東京都)/『緞帳小屋』水野拳人(東京都)/『移民のワイン』森山直太(東京都)/『お姉さんと、子犬と、ハンカチ』森山直太(東京都)/『船底の夢』片瀬平太(神奈川県)/『あの子のブラシ』塚本はつ歌(神奈川県)/『夏の海』辻元秀夫(新潟県)/『箱』辻元秀夫(新潟県)/『折り紙』沖江純(富山県)/『金庫の鍵は。』小田虹里(岐阜県)/『雪が溶けて消えてしまう前に』星雪花(岐阜県)/『占い師は出会う前に恋をする』一杉エイジ(静岡県)/『それは透明な青に似て』藤沢美也子(静岡県)/『あの日の残像』土之城太陽(愛知県)/『人類の皆さんサヨウナラ』久田浩二(愛知県)/『飛べない鳥はうつむいた』菱田敏貴(愛知県)/『友人の遺言』松原常雄(愛知県)/『コールミー・コールミー』北原こさめ(京都府)/『白骨遺体とメレンゲ』塩ノ木椿(京都府)/『人形』眠たい蛙(京都府)/『明和西高校の神村伝説』上野あたり(大阪府)/『ハッテン場』M(大阪府)/『花の記憶』くじら(大阪府)/『ある音楽の終わり』間田寧一(大阪府)/『魔法にかかったその後で』広都悠里(大阪府)/『死を見ゆる神』勿忘草(大阪府)/『ぼくらの秘密』ザイコ(兵庫県)/『悪魔の至福』藤堂朱(兵庫県)/『契約』椿ろあ(奈良県)/『留守番蛙』アンベ章(広島県)/『家路まで』飯田はる(山口県)/『ソレイユ・ドールの蕾』唐草杏美(山口県)/『紫陽花の家』冴木稜(長崎県)

選者:三浦しをん(みうらしをん)

東京都出身。2000年に「格闘する者に◯」でデビュー。2006年「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞受賞。2012年「舟を編む」で本屋大賞を受賞。最新刊は「ののはな通信」(KADOKAWA)、「愛なき世界」(中央公論新社)。

三浦しをんプチアドバイス-プロフィール
短編小説新人賞 応募

関連サイト

e!集英社
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)