かける

最終選考作品

もう一歩の作品

『記憶のない男』池田大青(北海道)/『第13回廃語大賞』大沼例(宮城県)/『ナマケモノと私』宮澄詩乃(宮城県)/『風の声』楠木りん(秋田県)/『それはいつの時も刹那』日々駄々(福島県)/『見世物小屋の女』南波せつ(群馬県)/『日曜日のカスミ草』伊東依千香(埼玉県)/『魔女の余韻』日出彦(埼玉県)/『うちの会議室でなにしてるの?』垣花かおり(千葉県)/『黒雪姫』香山琴子(千葉県)/『その手紙は遠い異国と心を繫ぐ』灰原文香(千葉県)/『ビジンハクメイな夏』ひとばしら(千葉県)/『ゆとり君とワタシ』おおた(東京都)/『軋む歯車』菊池あきら(東京都)/『俺のご主人』木下青依(東京都)/『不在者たちに』木南元(東京都)/『僕の部屋には墓がある』榊原なつこ(東京都)/『ボックス&ジェネレーション』高鳥翔(東京都)/『ネルソンの領域』東地凱(東京都)/『最後の十年をきみと』南條昌也(東京都)/『ソープ・オペラ~後妻の野望~』星崎はるな(東京都)/『メッセージ・フロム・トゥモロウ』美波万里(東京都)/『小指と終焉』やい(東京都)/『doors ~閉じた扉、開いた扉~』碓井きょう香(神奈川県)/『ほんの些細な』月並きら(神奈川県)/『恋心』五月葵(神奈川県)/『酒蔵の人魚彦』シノツキ(神奈川県)/『どうしても起き上がって欲しいこぼし』紫場ゆうひ(神奈川県)/『サイレン』安坊ユタカ(神奈川県)/『オーバーラップ』半田畔(新潟県)/『いつか自然になる日まで』N2(富山県)/『連理草の庭で』石井還(静岡県)/『帰る場所』一杉エイジ(静岡県)/『奇跡の夜のメッセージ』白野類人(愛知県)/『エレーナ』硯朱華(愛知県)/『夕映え ~武田勝頼の妻~』橘ゆず(愛知県)/『たどたどしい穴』虹乃ノラン(愛知県)/『夏の終わりの高速道路』久田浩二(愛知県)/『あの夏へ、きみを迎えに』北原こさめ(京都府)/『闇に飲まれてみえたもの』榎明宏(大阪府)/『プッシュ』遠野海香(大阪府)/『君のためにできること』牧瀬のぞみ(大阪府)/『機械仕掛けの聖母』青川志帆(兵庫県)/『ユーレイ男子の成仏』大田ヒロアキ(兵庫県)/『鉄蛇の再開』兎角鷹由(広島県)/『小林くんの言うことにゃ』大野明(高知県)/『泡沫のような、それは確かに恋だった』しおんぼん(沖縄県)

選者:三浦しをん(みうらしをん)

東京都出身。2000年に「格闘する者に◯」でデビュー。2006年「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞受賞。2012年「舟を編む」で本屋大賞を受賞。最新刊は「ののはな通信」(KADOKAWA)、「愛なき世界」(中央公論新社)。

三浦しをんプチアドバイス-プロフィール
短編小説新人賞 応募

関連サイト

e!集英社
コバルト編集部ブログ
ウルンジャー書店
マーガレットブックストア
ダッシュエックス文庫
ファッション通販サイト FLAG SHOP(フラッグショップ)